企業診断士に相談してみよう

意見をわかってくれるのか

相性の良し悪しが重要

企業診断士と、相性が良いか見極めてから資本形成診断を依頼してください。
相性の悪い人に任せても、間違ったアドバイスを言われる可能性があります。
最初に話し合いをすることで、相性が良いのか見極めることができます。
まずはこちらの経営方針や、どんな仕事をしているのか伝えてください。
さらに現在の設備や、資金なども教えましょう。

それらを理解して、会社にふさわしいアドバイスをしてくれる人なら大丈夫でしょう。
相性が悪い企業診断士は、何度説明しても理解してくれない傾向が見られます。
話し合いが平行線を辿るのは時間の無駄なので、相性が悪かったと諦めてください。
優秀だと評判の企業診断士でも、性格によって会社との相性が変わります。

何度もお世話になる可能性

1回だけで、終わりになるケースは少ないです。
何度も設備投資をしようと思った時に、資本形成診断を依頼すると思います。
これから、企業診断士とは長い付き合いになると思考えてください。
心から信頼できる人でないと、長く付き合えないでしょう。
そのため、最初に相性が良いのか確認しなければいけません。

こちらが企業診断士を信頼していないと、相手もこちらを信頼してくれません。
そんな関係では、良いアドバイスをもらうことは不可能です。
一緒に資本形成を考えると思ってください。
正しき資金を使うことができれば、仕事の効率が良くなります。
仕事の幅が増えるので、会社の得られる利益が増えるメリットも生まれます。
ゆっくり企業診断士を探してください。